三ツ境養護学校 > 創立50周年記念

更新日:2022年3月28日

ここから本文です。

創立50周年記念

創立50周年を迎えて 校長より

三ツ境養護学校は今年創立50周年を迎えました。50年という節目の年を迎えることができたのも、これまで卒業生やその御家族、地域の皆様、先生がたなどたくさんの人に支えられてきたおかげです。豊かな自然に恵まれた環境の中、のびのびと学ぶ落ち着いた校風を今日まで築いてこられたすべての方々に、心より御礼申し上げます。校舎のリニューアル工事の着々と進んでいます。ゆるぎない伝統の上に立ちつつ、今をしっかりと見つめ、未来への一歩を踏み出していきたいと思います。三ツ境養護学校で学ぶ児童・生徒とともに新たな伝統を築いてまいります。今後ともご支援のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

校長より

(教育長にお渡しした時の写真です。)

50周年記念に関する授業実践「三ツ境養護学校の歴史について知ろう」

50周年記念授業 小学部

小学部授業

小学部では、各クラスで50周年記念のスライドショーを見て学校の歴史を学習しました。

1年生は50周年アートを作成し、3年生は好きなキャラクターを選び塗り絵をしました。4・5・6年生は給食のレプリカを使用し、給食の歴史について学習しました。

50周年記念授業 中学部

中学部

50周年記念の授業が行われました。2年生は11月19日 金曜日、1・3年生は11月26日 金曜日にありました。三ツ境養護学校の誕生日の説明を聞いた後、効果を聞きながら手話をしたり、それぞれの楽器を持って演奏してお祝いしました。はてなボックスの中のものを、やさしく触ってキャラクターを当てる楽しいクイズもありました。

50周年記念授業 高等部A部門

 kkA

高等部A部門では、学年ごとに50周年授業を行いました。1年生は11月18日 木曜日、2年生は24日 水曜日、3年生は25日 木曜日に実施しました。

記念のスライドショーを見ながら、三ツ境養護学校の歴史を振り返ったり。記念グッズについて学習したり、校長先生の話しを聞いたりしました。最後に、校歌を手話で歌いながら、50歳のお祝いを行いました。

50周年記念授業 高等部B部門 

zyugyouB

 高Bでは、体育館で学年ごとにスライドを見て学校の50年の歴史を振り返りました。自分たちの年齢と重ね合わせながら、50年の重みを感じているようでした。生徒自身が実習で記念品の作業に関わったり、スペシャル給食でその時代のメニューを味わったりできたので、お祝いのイベントも身近に感じられたのではないかと思います。

50周年記念授業 分教室

分1 分2 分3

分教室では、特に社会や家庭の授業の中で、学校や給食の歴史を学びました。

年齢別にグループで調べたことをパワーポイントにまとめ発表し、創立50周年という節目に関連し、食生活の変化についても深めることができました。11月18日の瀬谷西高校の檜祭では、作成したパワーポイントを展示し校内の多くの人に見ていただきました。

 創立50周年記念の献立紹介

50周年を祝おう! ~学校での取り組み~

完成した記念品の紹介

50周年記念グッズとして、以下のものを製作しました。

①クリアファイル ②キーホルダー ③トートバッグ

それぞれに50周年キャラクターをあしらって可愛い作品に仕上げました。

記念品4 記念品2 記念品

高等部B部門 秋季実習の様子

校内実習で50種年に関わるお仕事をしました。各学年でキーホルダーの制作、記念ファイルの制作、50周年の記念誌をトートバックに入れる作業を行いました。一つひとつ丁寧に作業に取り組みました。

実習1 実習2 実習3

 50周年記念新聞

50周年記念新聞が11月30日 火曜日に配布されました。

高等部B部門のオフィスサービス班のみなさんが印刷を担当してくれました。

キャラクターができるまで、学校沿革、校歌、毎日食べる給食の歴史について掲載されています。

50周年記念新聞(PDF:1,505KB)

高Bオフィスサービス班 50周年記念新聞発行の様子

高等部オフィスサービス班は、50周年記念事業の協力作業として、記念新聞480部の印刷と折り込みをしました。初めてコピー機を操作して印刷するのは、とても緊張したようです。現在、納期に間に合うよう、みんなで協力して新聞を二つ折りする作業を進めています。

office2 office1

キャラクターの塗り絵紹介(高B1年 美術の様子)

50syuunenn150syuunenn250周年

美術の時間に50周年の塗り絵に取り組みました。

見本を見て塗る人、オリジナルの色にする人、それぞれの色で作成しています。

ポスターには学校のPRポイントも書き、校内に掲示しています!!

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。