相模原総合高等学校 > 学校生活 > 部活動 > 男子バスケットボール部

更新日:2022年6月16日

ここから本文です。

男子バスケットボール部

main2basket

 

相模原総合高校最後のバスケ部。

この1年間・・・選手8人、マネージャー1人で

最後まで戦い抜きました。

最後にして最強の世代でした!

その誇りを胸にこれからの学校生活も頑張っていきます。

応援ありがとうございました!!

 

main1basket

 

18年次お別れ会

卒業した18年次生のために在校生でお別れ会を実施しました。

コロナウイルスの影響で引退試合が実施できなかった悔しさややるせなさがありますが、

最後に在校生と試合をして、今まで培ってきた力を存分に示すことができました。

18年次生の練習の雰囲気、学校での生活態度は必ず後輩たちへと引き継がれます。

卒業おめでとう!!そしてお疲れ様!次のステージでの活躍を期待しています。

1801 1802

1803 1804

 

19年次引退試合

コロナ禍でスタートした19年次生の代。

不安もたくさんありましたが、選手5人、マネージャー2人で頑張り、

最後まで一生懸命戦い抜きました。

19年次生の勇姿は後輩に引き継がれていくことでしょう。

ありがとう、お疲れ様!!

1901 1902

1903 1904

1905 1906

 

20年次引退試合

いよいよ迎えたインターハイ予選。VS厚木高校。

各校の3年生の集大成となるこの大会、今回だけ特別に保護者の観戦も可能に。

20年次生にとって、保護者の観戦ありで臨む試合はこれが最初で最後。

両校の気持ちと気持ちがぶつかり、見ている人を感動させる良い試合となりました。

前半が終わって16点ビハインドー

このまま離されてしまうのかと思う展開でしたが、

後半スタートから吹っ切れて好プレーが続出しました。

後半スタート7分で2点差まで詰め寄り、会場のボルテージは最高潮。

プレーヤー、ベンチ、保護者がひとつとなった最高の瞬間でした。

結果は9点差の惜敗。惜しくも競り負け、引退となりました。

試合が終わった後は、満足そうにしている生徒、悔しくて泣いている生徒といました。

20年次生は相模原総合男子バスケ部として8年ぶりの県大会出場を成し遂げた代です。

歴代の先輩方を超えた結果を出し、清々しく高校バスケの幕を閉じました。

本当にお疲れさまでした。

 51502 51503 51504

51501 51505 51506 51509

51507 51508

51510 51511

51512 51513

51514 51515

 

20年次体育祭 部活動対抗リレー

6月8日(水曜日)に行われた最後の体育祭。

毎年熱い勝負が繰り広げられ部活動対抗リレー!!

男子バスケ部も出場し、見事2位でゴールイン!!

今まで部活で走ってきた成果を見せることができました。

走った6人良くやった!!応援してくれた部員もありがとう!!

basrire1 basurire2

 

 

試合戦績

2022(令和4)年度

2021(令和3)年度

2020(令和2)年度

 

■男子バスケットボール部、旧ページはこちらから。