湘南養護学校 > 学校概要 > 校長挨拶

更新日:2022年4月25日

ここから本文です。

校長挨拶

   神奈川県立湘南養護学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

   令和4年4月1日付けで校長に着任しました本間修治と申します。どうぞよろしくお願いします。

   本校は昭和55(1980)年1月に県立平塚盲学校で開校準備がはじまりました。当時は現地開校ではなく海に近い平塚市立花水小学校内にプレハブの仮校舎を建て、同年4月1日開校、4月8日に第1回小学部・中学部入学式、5月1日に開校式が行われ、この日が開校記念日と定められました。昭和56(1981)年に高等部(本科)が設置され、同年8月本校舎第1期工事竣工に伴い平塚市中原上宿1382番地の1(現住所・平塚市御殿4丁目14番1号)に移転し、第2期工事竣工を経て昭和57(1982)年6月、校舎落成記念式典が挙行されました。

   開校当初、小学部25名、中学部10名、計35名の児童生徒と21名の教職員ではじまった学校も、現在は162名の児童生徒と140名を超える教職員が集い、今後もこれまでの良き伝統や取り組みを大切にしながら、新たな目標に向けて歩みを進めてまいります。

   湘南養護学校は、鈴川と渋田川の間にあり、様々な鳥が集い季節の花々が彩を添えてくれる自然豊かな場所で、児童生徒がのびのびと生活しています。児童生徒の自立と社会参加に向け、コミュニケーションツールの活用を積極的に推進した指導に取り組み、小学部から高等部まで一貫した教育を行っています。今後も『地域に開かれた明るく楽しい活力ある学校』を目指し、教育活動に取り組んでまいります。

   新型コロナウイルスの影響下での学校生活が2年以上続いております。毎年当然のように計画し実施されてきたことが中止や変更を余儀なくされてきました。児童生徒の安全・安心を守りながら学びと生活を継続していくために、今後も状況の変化を適切に受け止めながら柔軟に対応していくことが必要です。予測困難な時代をよりたくましく生きていくために、ひとりひとりの「生きる力」の育成がこの困難を乗り越えることに求められていると感じています。

   児童生徒が明るく楽しい学校生活を過ごせるよう教職員一同力を合わせてまいりますので、保護者の皆様、地域の皆様、関係機関の皆様のご理解とご協力をいただけますようお願い申し上げます。

 

 神奈川県立湘南養護学校 

  校長  本間 修治