みどり養護学校 > 学校概要 > 不祥事ゼロプログラム

更新日:2022年4月28日

ここから本文です。

不祥事ゼロプログラム

令和4年度みどり養護学校「不祥事ゼロプログラム」

みどり養護学校は、不祥事の完全防止に向けて、改めて職員一人ひとりが自らの課題として受け止め、全校をあげて取組み、行動していくことを目標として、次のとおり「不祥事ゼロプログラム」を定めます。

 

1.実施責任者

みどり養護学校「不祥事ゼロプログラム」の実施責任者は校長とし、副校長、教頭及び事務長がこれを補佐します。また、不祥事防止に係る総括教諭は校長、副校長、教頭及び事務長を補佐し、教職員の中核となりプログラムの推進を図ります。

 

2.令和4年度「不祥事ゼロプログラム」の実施について

過去の不祥事を、引き続き組織として重く受け止め、個人情報管理の徹底、会計事務等の適正執行を重点課題とするが、新たな課題に対しても令和4年度不祥事ゼロプログラムとして実施します。

 

3.目標及び行動計画

3-1.法令遵守意識の向上(公務外非行の防止、職員行動指針の周知・徹底を含む)

【目標】勤務時間内外を問わず、教育公務員としての立場を自覚し、非違行為を防止する。

【行動】「職員行動指針」を再確認する。

  • 職員間のコミュニケーションを大切にし、風通しの良い職場環境を作る。
  • 勤務時間内外を問わず、自らの行動を見直す。
  • 常に互いにチームを意識し、迅速な報告・連絡・相談を徹底する。
  • 非違行為に対するハードルを下げない。
  • 適切な手続きを経て業務を遂行する。

(※)校長面談を実施し、一人ひとりの意識の向上を図ります。

 

3-2.職場のハラスメント(パワハラ、セクハラ、マタハラ等)の防止

【目標】職員の人権の尊重と心身の状況を配慮し、職場におけるハラスメントを防止する。

【行動】職員一人ひとりが人権感覚を磨き、パワハラ、セクハラ、マタハラ等の行為防止の意識を高める。

  • 懲戒処分の指針一部改正を周知徹底し、ハラスメントのない職場づくりを推進する。
  • 同僚への思いやりと配慮を持ち、自らの言動に細心の注意を払う。
  • お互いを認め合う職場環境を作る。
  • 不快感を一人で抱え込まず、相談しやすい職場体制を作る。

 

3-3.児童・生徒に対するわいせつ・セクハラ行為の防止

【目標】児童生徒の人権を尊重し、年齢や性別に配慮した指導・支援を行う。

【行動】職員一人ひとりが人権感覚を磨き、わいせつ・セクハラ行為防止の意識を高める。

  • 職員間の同僚性を高め、お互いに躊躇せず注意し合える職場環境を作る。
  • 職員、児童生徒問わず、常に距離を意識し、不必要な身体接触は避ける。

 

3-4.体罰、不適切な指導の防止

【目標】児童生徒の障害特性を理解し、実態に合った適切な指導・支援を行い、誤解を招くような行為を含め体罰や不適切な指導を根絶する。

【行動】学部・学年等で、「体罰防止ガイドライン」の読み合わせをし、厳しい指導と体罰の違いについて理解する。

  • 学年会、ケース会等の話し合いを充実させ、児童・生徒理解や指導方法について共通理解を図る。
  • 「さん付け呼称」を徹底することで、その後の指導・支援を変容させる。
  • 名札(それに代わるもの)を必ず身につけて指導する。
  • 職員間の同僚性を高め、お互いに躊躇せず注意し合える職場環境を作る。

 

3-5.入学者選抜、成績処理及び進路関係書類の作成及び取扱いに係る事故防止

【目標】個別教育計画、連絡帳、健康観察カード及び、進路や相談の個人票等の取り扱いを適切に行う。

【行動】クラスや担当者全員で読み合わせを行い、不適切な内容や表現が記載されていないかをチェックする。

  • 進路や相談等の個人票の情報内容を精査し、相手先への手渡しの徹底を図る。
  • 文書の発出、受領については、定められた様式を用い確実に行う。
  • 机上に放置したり、机の中に一時保管したりすることはしない。

 

★重点課題【個別教育計画の扱い】電子データ及び紙ベースの資料について、適正に管理をする。

  • 作成途中の文書については、学校名、児童・生徒氏名等個人情報を記入しない。

  • 個別教育計画は、紙、データを問わず校外に持ち出すことはできない。

  • 完成した文書については、定められた鍵のかかる保管場所に速やかに保管する。
  • 作成文書の誤配付を防止するため、必ずダブルチェックを実施する。

(※)作成期間及び配付日前等に、朝の打合せや学部・学年等の単位で、取扱いの再確認を行います。

 

3-6.個人情報等の管理、情報セキュリティ対策(パスワードの設定、誤廃棄防止)

【目標】個人情報の管理に細心の注意を払い、情報の流失を防止する。

【行動】貸し出し簿への記入と、管理職の承認を徹底する。

  • 情報セキュリティ研修により「校内ネットワーク運用規定」を再確認し、規定に沿って校内情報システムの運用及びセキュリティ対策を徹底する。
  • 個人情報関係書類の保管場所を整理することで、複数の目で確実に管理をする。

 

★重点課題【管理システムの見直し・徹底】管理台帳と校外持ち出し許可願の記入手続きを再確認する。

  • USBやSD等の貸し出し・返却手続きは、管理職が行う。
  • 校外へ持ち出したUSBやSD等については、翌日に返却することを徹底する。
  • USBやSD等の貸し出し時と返却時には、メディア内を管理職が直接目視する。
  • iPadについては、日直が退勤前の巡回の際、返却の確認をし、管理職に報告する。
  • 管理職は、退勤時刻前にUSBやSD等がすべて返却されているかを確認する。
  • 作成した文書については、対策重要度別に適切に保存する。

(※)情報管理についての不祥事防止会議を行います。
(※)総合教育センターから講師を招き、「個人情報等の管理、情報セキュリティ対策」についての不祥事防止研修会を持ちますます。

 

3-7.業務執行体制の確保等

【目標】情報共有、相互チェック体制、業務協力体制を構築する。

【行動】学部・学年・クラス内で、業務遂行上必要な情報交換・情報共有を行う。

  • 保護者から電話や直接聴き取った情報については、必ずメモを取り、必要な関係者で確実に共有し、記録を残す。
  • 相互チェック体制を強化し、事故を未然に防止する。

 

3-8.財務事務等の適正執行

【目標】適正な会計処理を行い、事故を未然に防止する。

【行動】総務チームが中心となって、適正な学校徴収金の徴収、管理、執行を行う。

  • 私費会計についての研修会を実施し、理解を深める。
  • 不祥事防止啓発資料を活用し、職員全体の実務理解に努める。
  • 計画的な執行を行うよう、適時・適切にアナウンスを行う。

 

★重点課題【親睦会会計事務の適正執行】

  • 定められた様式により出納管理を行い、管理職が半期に一度、会計監査を行う。
  • 出入金業務については、金庫への一時保管は避け、速やかに行う。
  • 年度初めと年度末に予算決算の報告を確実に行う。
  • 繰越金の額については、今年度中に適正な額まで抑制する。

(※)学期に一度の会計担当者会議を持ち、会計手順を確認します。

 

すべての項目共通

  • 職員打合せや、職員会議において、綱紀の保持について周知や啓発を行います。

  • ヒヤリハット事例を報告し合い、防止策や改善策を共有します。

  • 不祥事防止啓発・点検資料を活用し、定期的にセルフチェックするとともに、学部学年等会において討議し、危機管理意識を高めていきます。

 

4.検証等について

  • PDCAサイクルにより、目標や行動計画を修正し、継続的な行動改善を行う。
  • 1、2月の職員会議(不祥事防止会議)の場で学部・学年等の取組について発表を行う。
  • 令和5年3月に、実施状況を最終検証し、自己評価を行い、実施結果をまとめる。
  • 作成した実施結果については、次年度4月にホームページに掲載する。

 

令和3年度不祥事ゼロプログラムおよび検証結果(PDF:107KB)

令和2年度不祥事ゼロプログラムおよび検証結果(PDF:107KB)

令和元年度不祥事ゼロプログラムおよび検証結果(PDF:295KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。