みどり養護学校 > 学校概要 > 学校長挨拶

更新日:2022年5月2日

ここから本文です。

学校長挨拶

神奈川県立みどり養護学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

本校は昭和53年4月1日に小中学部で開校し、翌年高等部、平成16年には新栄分教室が設置されました。横浜市を通学区域とし、小学部73名、中学部30名、高等部113名(本校70名、分教室43名)合計216名の児童・生徒が通学しています。

今年度は『自他を大切にする子どもを育むみどりの学び』を学校経営方針に掲げ、児童・生徒の自己肯定感を高めるとともに、他者の思いを認めることのできる心を育成する人権教育を柱としています。その中で、児童・生徒の人権を大切にしたわかる授業を推進し、自分の思いを伝えるコミュニケーション手段の獲得を目指します。
 また、自立と社会参加に向け、言語や作業の専門職とも連携し、一人ひとりに応じたきめ細やかな児童・生徒支援を行います。

地域の皆様には、通学時の見守り、消毒、給食、その他教育活動のボランティアなど、常日頃から様々な分野でご協力をいただき感謝申し上げます。防災の取組や地域行事の参加など引き続き地域と連携していきます。今後もご理解・ご協力をお願い申し上げます。
 また、地域の小・中学校や関係機関と連携し、支援教育のセンター的機能を十分に発揮していきます。特別支援教育のご相談がありましたら是非ご連絡ください。

児童・生徒が生き生きと主体的に取り組み、保護者や地域の皆様の安全と信頼ある学校になれるよう、教職員が一丸となって取り組んでまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

校長 武石律子