相模原弥栄高等学校 > 各種奨学金のお知らせ

更新日:2022年10月31日

ここから本文です。

各種奨学金のお知らせ

申請を希望する生徒は、下記の担当まで連絡してください。

詳しい内容・必要書類(在学証明書・成績証明書・推薦書、所得証明書・課税証明書、住民票の写しなど)については、PDFファイル、ホームページを必ず確認してください。

申請方法が「学校経由」の場合は、校内締切日までに書類を提出できるよう、余裕をもって、相談するよう注意してください。

問合せ先:TEL 042-758-4971(相模原弥栄高等学校 総務グループ 奨学金担当 山下)

名称 対象学年 概要 申請方法・その他 校内締切

高村育英会奨学生(公益財団法人高村育英会

New!

3

【募集人員】

大学生24名、短大生2名

【募集方法】

高等学校推薦による予約奨学生2/3程度

【奨学金の額および給与期間】

月額 50,000円 

給与期間 採用時から最短修業年限の終期

返還義務 不正受給の場合を除き、返還義務はありません

返還義務のない奨学金との重複受給はできません(ただし、文部科学省「高等教育の就学支援新制度」給付型奨学金は重複可)

【出願資格】

2023年3月卒業見込みの者で、学校教育法による大学・短期大学に進学を予定し、学業・人物ともに優秀かつ健康で学費支弁が困難と認められる者

(1)学力 高校2年次終了時 年次上位 1/2以内の者

(2)家計(学費支弁が困難とする程度)

 家計維持者の2021年分の課税所得が300万円(給与所得 収入600万円程度)以下を目途

①母子、父子世帯であること、②障害者のいる世帯であること③長期療養者がいる世帯であること④火災、風水害、盗難等の著しい被害を受けた世帯であること、⑤生活保護法による非保護世帯およびこれに準ずると認められる世帯であること、⑥上記と同等の事由により、修学が困難な世帯であること

上記に拘わらず、総合的に判断して例外を認める場合がある【出願期間】

2022年11月25日(金)到着有効

【選考】

選考委員により選定し、2022年12月20日までに学校長を通じて、本人あて連絡

大学入学後、進学届提出をもって正式に奨学生とする

募集要項(PDF:673KB)

本校推薦枠2名 11月11日(金)

アフラック小児がん経験者・がん遺児奨学金制度(公益財団法人がんの子どもを守る会)

New!

1,2

【出願資格】

(1)小児がん経験者

①18歳未満で小児がんを発症した小児がん経験者で、経済的な理由により援助を必要とする方、②2023年4月時点において高等学校に在学予定の方、③奨学金申請時における前年度の世帯の収入または所得が規定(規定略)の上限を超えない方

(2)がん遺児

①「がん」により主たる生計維持者を失った遺児で、経済的な理由により援助を必要とする方、②2023年4月時点において高等学校に在学予定の方、③奨学金申請時における前年度の世帯の収入または所得が規定(規定略)の上限を超えない方、④直近の学習成績が評定平均値3.5以上の方

【募集人員】

(1)小児がん経験者 全国で30名程度

(2)がん遺児 全国で140名程度

【給付額等】

給付額 月額20,000円

給付期間 在学中の期間(正規の最短修業期間以内)

給付方法 毎年3期に分けて給付(原則7月、11月、3月)

【奨学金の返還】

原則として返還を要しない。(他奨学金との併用可)

【募集書類等で注意】

在学学校長の推薦書兼成績証明書の作成が必要

【申込期間】

2022年11月1日~2023年2月末日(消印有効)

【内定時期】

選考の上、本人および学校長に通知(2023年5月上旬予定)

募集要項(PDF:178KB)

アフラック小児がん経験者・がん遺児奨学金制度HP(外部サイトへリンク)
校長の推薦書が必要 2023年1月末日まで受付

国の教育ローン[公的な融資制度](日本政策金融公庫)

 

【融資限度額】

お子さま1人につき、上限350万円(一定の要件に該当する場合、上限450万円)

【固定金利】

金利年1.80%(令和4年5月2日現在)

【返済】

最長18年

【融資対象】

大学等(高等学校、専修・各種学校など)

【利用者】

保護者

【申込み時期】

いつでも可能(必要時期の2~3カ月前が目安)

【資金の受け取り方】

1年分まとめて

【利用対象】

お子さまの人数に応じた世帯年収(所得)の上限額を超えない方

【申込み】

教育ローンコールセンター(0570-008656または03-5321-8656)へ相談の上、申込み

パンフレット(PDF:12,807KB)

「国の教育ローン」(日本政策金融公庫 教育一般貸付)HP(外部サイトへリンク)

個人対応

教育ローンコールセンターへ相談の上、申込み

 

令和5年度大学生等奨学金[給付型奨学金](公益財団法人秦野ロータリー奨学基金)

New!

3

【応募資格】

(1)令和5年度中に学校教育法に規定する大学に進学予定の者。

(2)申込時において、直近の3年間、秦野市に住所を有していること。

(3)令和3年の1年間における保護者の合計収入額が380万円以下であること。

(4)高等学校等の学業成績について、全科目の評定平均が、5段階評価で3.5以上であること。

(5)本奨学金の申込が初めて又は2回目であること。

【支給予定】

 10名程度

【支給額と支給方法】

(1)支給額 30万円以内

(2)支給方法 銀行口座への振り込み

【申込方法】

 提出書類を申込先へ直接提出又は簡易書留で郵送

【受付期間】

令和4年11月1日(火)~12月16日(金)

【提出書類】

(1)奨学金願書

(2)学校長の推薦書

(3)調査書

(4)保護者とその配偶者の課税証明書(所得証明書)

(5)小論文

※(2)、(3)については学校で作成し、厳封されたもの

【選考方法とスケジュール】

(1)一次選考 令和5年2月予定

(2)最終選考 実施日は一次選考の結果通知の際に併せて通知

募集要項(PDF:1,178KB)

学校長推薦が必要

11月18日

(金)

【厳守】

あしなが大学奨学金[無利子貸与](一般財団法人あしなが育英会)

 

3

【応募資格】

●2023年4月に大学または短期大学(※)の第1学年に進学を希望している高校3年生等で、次にあてはまる生徒。

(※)日本国外の大学(その日本校を含む)は対象になりません。

●保護者(父または母など)が、病気や災害(道路上の交通事故を除く)、自死(自殺)などで死亡、または保護者が 1 級から 5 級の障がい認定(注1)を受けていて、経済的な援助を必要としている家庭の子ども。

(注1)次の障がい認定を受けている場合をいいます。

身体障害者福祉法、国民年金法、厚生年金保険法、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律、労働者災害補償保険法に定める第1級から第5級

【奨学金内容】

1.奨学金の金額

(1)一般:月額貸与40,000円

(2)特別:月額貸与50,000円

2.支給期間

 2023年4月から卒業まで

3.送金方法

 3か月ごと3カ月分の奨学金を、奨学生本人名義のゆうちょ銀行口座に送金

●1997年(平成9年)4月2日以降に生まれた方が対象

【しめきり】

2022年10月20日(消印有効)

【その他】

大学奨学金特別制度、私立大学入学一時金制度あり

【奨学金返還の方法】

1.返還期間 卒業の半年後から20年以内

2.奨学金等の利息 無利子

募集要項(PDF:594KB)

一般財団法人あしなが育英会 奨学金HP(外部サイトへリンク)

学校長の推薦が必要

10月4日(火)

昼12:00〆切

あしなが専修・各種学校[無利子貸与](一般財団法人あしなが育英会)

 

3

【応募資格】

●2023年度に専修学校・各種学校へ進学を希望している高校3年生等で、次にあてはまる生徒。

●保護者(父または母など)が、病気や災害(道路上の交通事故を除く)、自死(自殺)などで死亡、または保護者が 1 級から 5 級の障がい認定(注1)を受けていて、経済的な援助を必要としている家庭の子ども。

(注1)次の障がい認定を受けている場合をいいます。

身体障害者福祉法、国民年金法、厚生年金保険法、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律、労働者災害補償保険法に定める第1級から第5級

●専修・各種学校奨学生予約募集と、大学奨学生予約募集は

同時に申請できません。

※ 修業年限1年未満の学校や、無認可校、職業能力開発施設は対象になりません。

【奨学金内容】

1.奨学金の金額

月額貸与40,000円

2.支給期間

 2023年4月から卒業まで

3.送金方法

 3か月ごと3カ月分の奨学金を、奨学生本人名義のゆうちょ銀行口座に送金

●1997年(平成9年)4月2日以降に生まれた方が対象

【しめきり】

2022年10月20日(消印有効)

【奨学金返還の方法】

1.返還期間 卒業の半年後から20年以内

2.奨学金等の利息 無利子

募集要項(PDF:756KB)

一般財団法人あしなが育英会 奨学金HP(外部サイトへリンク)
学校長の推薦が必要

10月4日(火)

昼12:00〆切

公文公記念奨学金奨学生(公益財団法人公文国際奨学財団)

New!

【応募資格】(抜粋)

1. 奨学生は、次の各号のいずれかに該当する者であって、学業、人物ともに優秀な者とする。

 ①国際教育を実施する国内の中学校・高等学校・中等教育学校に在籍している日本人及び外国人

【奨学金内容】

1.支給期間 在学校を卒業するまでの間

2.支給金額

 保護者宅からの通学生 年額50万円

寮・下宿生活で学費・生活費が高額な場合 年額70万円

【募集人数】

年額50万円 55人

年額70万円  7人

*奨学金の併給等について

 併給は可、返済する必要は無し

【出願期間】

2022 年9月22日(木)~10月14日(金)

【出願書類】

①願書、②小論文、③学校長の推薦書、④調査書、⑤返信用封筒(84円切手貼付)

【採用決定】

本人(採用・不採用とも)及び校長(採用の場合のみ)に11月末頃通知

募集要項(PDF:2,073KB)

公益財団法人公文国際奨学財団HP(外部サイトへリンク)
学校長推薦書が必要 9月20日(火)

一般財団法人山田進太郎D&I財団

2023年度STEM女子奨学助成金【高校新2・3年生向け】

 

新2・3年

【応募資格】

1. STEM(理系)分野への大学進学を検討しており、文理選択または科目選択において、必要な教育課程を2023年度に選択予定の方、または既に選択されており2023年度も選択継続予定の方

2. 2022年4月時点で高校1年生もしくは高校2年生の方

3. 女性(性自認もしくは戸籍上の性別が女性)の方

4. 過去に、本財団の奨学金・奨学助成金を受け取ったことのない方

【奨学助成金】

給付金額:10万円

・原則理系進学に資するものや学資に充てていただくことを想定しています。

【募集人数】

最大500名 程度

【募集期間】

2022 年7月7日(木)~12月18日(日)

【募集方法】

エントリーフォームを入力 (学校推薦は不要)

【選考方法】

1.財団事務局による予備選考

2.1を経て、資格を有すると判断した方が多数の場合は抽選選考

募集要項(PDF:115KB)

山田進太郎D&I財団 STEM女子奨学助成金HP(外部サイトへリンク)
個人対応  

公益財団法人那須記念財団 奨学金

 

3年

【応募資格】

A.児童養護施設等・里親家庭・ひとり親及び両親のいない家庭に暮らす学生

(1) 高等学校3年生または高等学校卒業程度認定試験合格者(見込者を含む)のうち、大学・短期大学・専門学校に進学を希望していること

(2) 次のいずれかに該当する者であること

・児童養護施設、自立援助ホーム、ファミリーホーム、児童自立支援施設、母子生活支援施設に入所している者

・里親のもとで養育されている者

・両親のいない者

・ひとり親の者

(3) 指定地域※に進学すること

※指定地域

宮城県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県、富山県、石川県、福井県、岐阜県、愛知県

(4) 向学心があること

(5) 日本国籍を有していること

B.障害のある学生

(1) 障害者手帳または特定疾患医療受給者証を保有していること

(2) 以下のいずれかに該当すること

・高等学校または特別支援学校高等部の在籍者または卒業生

・高等学校卒業程度認定試験合格者(見込者を含む)

(3) 大学・短期大学・専門学校に進学を希望する者であること

(4) 指定地域※に進学すること

(5) 向学心があること

(6)日本国籍を有していること

【給付額】年額90万円(月額 75,000 円)

【支給期間】入学時から、正規の最短修業年限まで(最長 6 年間)

【選考】申請書類に基づき、審査。

【結果通知】結果は応募者全員に通知(12 月中旬予定)。

【受付期間】2022 年 8 月 1 日~8 月 31 日(必着)

募集要項(PDF:394KB)

那須記念財団 奨学金HP(外部サイトへリンク)

7月29日(金)

学校長推薦書が必要
 

キーエンス財団 

「給付型奨学金」

3年 

【募集対象者】
日本国内の4年制大学の新1年生 
【給付金額】
月額8万円(4年間の給付総額384万円)
【募集人数】
500名程度(2023年4月入学者)
【募集方法】
財団ホームページからの直接応募
【選考方法】
学業成績、経済的な状況、小論文等を基に総合的に選考 
募集要項(PDF:270KB)
キーエンス財団 給付型奨学金HP (外部サイトへリンク)

個人対応   

お茶の水女子大学 

みがかずば奨学金 

(予約型奨学金)

3年 

【申請資格】
①令和4年度卒業見込みの者(現役生対象)
②令和5年4月に学部1年次に入学予定の者
 お茶の水女子大学に強く入学を志望する者 
③成績・人物とも優秀(学習成績概評が A 以上の者)
【給付額・採用者数】
①奨学金支給額 1年次 30万円 2年次 30万円 
②採用者数 20人
【選考】
書面選考(経済状況・学習成績・申請理由・作文)により内定・準内定者を決定[内定は、お茶の水女子大学の合格を保証するものではありません] 
【結果通知】
令和4年10月に高等学校と本人に通知。内定後、一般選抜、総合型選抜(新フンボルト入試)、学校長推薦型選抜、高大連携特別選抜のいずれでも受験できます。
募集要項・申請書一式(PDF:188KB) 
お茶の水女子大学“みがかすば”奨学金HP (外部サイトへリンク)

学校経由で申請

8月26日
(金)

日本教育公務員弘済会神奈川支部

「大学給付奨学生」

【給付】

 

3年

【対象】応募(推薦)資格

①神奈川県内の高等学校の3年に在籍し、全国の国公私立大学に進学をめざす生徒。

②学費支弁困難(同一生計合計400万未満)で学校長の推薦を受けた生徒(1校1名)。

③学習成績の状況(評定平均値)が4.0以上

【給付金額】

月額3万円

在学大学の正規最短修業期間とし、上限4年間。

募集要項(PDF:239KB)

公益財団法人 日本教育公務員弘済会 神奈川支部 教育振興事業HP(外部サイトへリンク)
学校経由 6月17日(金)

相模原市奨学金(給付型)奨学生〔追加申請〕

 

【対象】次の3つの要件にすべてあてはまる人

①修学資格 高等学校に18歳未満で入学し卒業を目指す意欲ある人。

②住所資格 「生徒」及び「保護者」が相模原市に居住している人。

③所得資格 令和4年度の「市(区町村)県民税所得割額が0円」の世帯の人。

【給付金額】

修学資金 年額最大で100,000円

申請の手引(PDF:332KB)

相模原市HP「子育てサイトさがみはら」(外部サイトへリンク)

個人対応

本校発行の在学証明書が必要

 
横浜市高等学校奨学生    全

【対象】

(1)保護者が横浜市内在住の方

(2)高等学校に在学し、品行方正な方

(3)学業成績が前年度1年間の全履修教科・科目の評定平均値において5段階評価で3.70以上の方 

(4)世帯収入が少なく、学費の支払いが困難な方

【金額】月額5,000円

募集要項(PDF:639KB)

横浜市高等学校奨学生募集(令和4年度)HP(外部サイトへリンク)
  学校経由  5月23日
下村教育財団 3年

【対象】

(1)美容業界に修業希望

(2)学校法人ミスバリ学園の教育機関に進学する者

【金額】

年額100,000~1,000,000円

募集要項(PDF:212KB)

下村教育財団奨学金HP(外部サイトへリンク)
学校経由  5月31日

似鳥国際奨学財団
【対象】

(1)日本国内に居住している

(2)毎月期間内にレポートの提出(毎月20日前後)

(3)交流会の参加(年1回予定)

【金額】

月額40,000円

募集要項(PDF:302KB)

似鳥国際奨学財団HP(外部サイトへリンク)

個人対応

 

締切

5月

20日

 
川崎市高等学校奨学生(学年資金)

【対象】

(1)令和4年6月1日時点において、川崎市内に住所を有する高校生であること。

(2)学業成績が令和3年度の全履修科目の評定結果の平均値が、5段階評価で3.5以上であり、在学する高等学校長からの推薦が受けられること。

(3)令和3年1年間における世帯の合計所得金額が、基準額以内であること。

【金額】

第1学年 年額36,000円

第2学年 年額61,000円

第3学年 年額46,000円

募集要項(PDF:162KB)

令和4年度 川崎市高等学校奨学生HP(外部サイトへリンク)

学校経由 5月31日
安全振興会修学奨励生

【対象】

(1)「修学奨励金給付基準」第2条に規定する者

(2)その他特別の事情で学資の支弁が困難な者

【金額】

月額6,000円

募集要項(PDF:368KB)

神奈川県立高等学校安全振興会修学奨励金HP(外部サイトへリンク)

学校経由

各校1名

6月10日
 あしなが育英会(高校)

【対象】

保護者が、病気、災害、自死などで死亡、または障がい認定を受けていて、経済的な援助を必要としている家庭の生徒

【金額】

月額45,000円(うち貸与25.000円、給付20,000円)

募集要項(PDF:1,704KB)

一般財団法人あしなが育英会HP(外部サイトへリンク)
学校経由

1次

5月6日

2次

9月16日

3次

12月1日

朝鮮奨学会高校奨学生

【対象】

(1)日本の各高等学校に在学している韓国人・朝鮮人学生。

(2)成績優良(前年度の評定平均値3.0以上)で、学費の支弁が困難な者

(3)満25歳未満の者

【金額】

月額10,000円

募集要項(PDF) (PDF:421KB)

公益財団法人朝鮮奨学会HP(外部サイトへリンク)

個人対応

 

締切

5月

20日

 
公益信託人志奨学金 1年

【対象】

(1)家族の生計を支える親を失うなど、何らかの理由によって経済的影響を受け、奨学金を必要とする者

(2)学業優秀(中学校3年次の国・数・理・社・英の評定平均値が4.4以上)品行方正かつ人格に優れる者

【金額】

月額20,000円

募集要項(PDF:260KB)

公益信託人志奨学基金HP(外部サイトへリンク)
学校経由 4月27日

交通遺児育英会

【貸与】

【対象】

保護者が交通事故で死亡・重度後遺障害となった家庭の生徒

【貸与金額】

月額20,000円・30,000円・40,000円から選択

入学一時金200,000円・400,000円・600,000円から選択

【返済期間】

最長20年、月賦払・半年賦払・年賦払から選択

募集要項(PDF)

公益財団法人 交通遺児育英会HP

【対象】

保護者が交通事故で死亡・重度後遺障害となった家庭の生徒

【貸与金額】

月額20,000円・30,000円・40,000円から選択

入学一時金200,000円・400,000円・600,000円から選択

【返済期間】

最長20年、月賦払・半年賦払・年賦払から選択

募集要項(PDF:106KB)

公益財団法人 交通遺児育英会HP(外部サイトへリンク)

個人対応

 

締切

令和5年     1月末日

 

推薦書等

必要

 

Kiyo Sakaguchi 奨学金

(プルデンシャル生命保険株式会社)

3年

【対象】

アメリカの大学・大学院にて数学の専攻を希望する高校生

【金額】

年間上限300万円

最大4年間1,200万円

募集要項リンク先(PDF:261KB)

Kiyo Sakaguchi 奨学金HP(外部サイトへリンク)

個人対応

 

締切8月末日

(エントリーフォーム必着)

 

S・K奨学金

(公益財団法人KOREA GLOBAL ACADEMY YOKOHAMA)

【対象】

(1)神奈川県内の高校に在学している生徒

(2)成績優良で家庭事情および経済事情から学費支弁が困難な生徒

(3)他の奨学金を受けていない生徒

【金額】

月額20,000円

募集要項(PDF:405KB)

S・K奨学金HP(外部サイトへリンク)

個人対応

締切

5月31日

 

推薦書等必要

 
中尾奨学財団 1年

【対象】

(1) 神奈川県在住者または父母が神奈川県に在住し、本人が神奈川県内の全日制高校に在学している生徒。

(2) 将来神奈川県の経済および地域社会の発展に寄与する意欲に燃えている生徒。

(3) 学校長の推薦がある生徒。

(4) 学術優秀および心身共に健全である生徒。

(5) 家族の年収が税込420万円(生活保護手当他、諸手当含む)以下である生徒

【金額】

月額15,000円 1年次から継続して3年次まで

募集要項(PDF:172KB)
学校経由 5月27日
加藤山崎奨学金 2年

【対象】

(1)日本国内の学校(国公立・私立を問わない)に在学する小学5年生、中学2年生、高校2年生

(2) 学業全般もしくは文化・芸術・科学分野で優秀な成績をおさめており、品行方正である者

※ 前年度の評定平均4.3(学習成績概評A)以上、5段階評価でない場合はそれに準ずる成績を目安とする。

(3) 学校長が推薦する者(1校につき3名まで推薦可能)

※他団体等の奨学金との併給は「可」。加藤山崎修学支援金との併願は「可」、併給は「不可」。

【給付回数及び金額】

給付回数:採用した年度内に1回限り

給付額(返還不要):高校2年生 5万円

募集要項(PDF:151KB)

公益財団法人 加藤山崎教育基金 加藤山崎奨学金HP(外部サイトへリンク)
学校経由 5月31日
加藤山崎修学支援金

【対象】

(1)日本国内の学校(国公立・私立を問わない)に在学する小学4、5、6年生、中学生、高校生

(2)前年度の評定平均2.7(学習成績概評C)以上、5段階評価でない場合はそれに準ずる成績の者

(3)学習に意欲的または成績優秀で品行方正である者

(4)学校長が推薦する者(1校につき3名まで推薦可能)

※他団体等の奨学金との併給は「可」。加藤山崎奨学金との併願は「可」、併給は「不可」。

※世帯の年間所得200万円未満を目安とします。選考は願書内容や成績、家族構成等の家庭状況も考慮して行いますので、

所得目安は給付を保障するものではありません。また、世帯所得が目安を上回っていても応募可能です。

【給付期間及び給付額】

給付期間: 採用時に在学する学校/課程を卒業するまでの期間(最大3年間)

給付額(返還不要):高校生 年額5~10万円

募集要項(PDF:225KB)

公益財団法人 加藤山崎教育基金 加藤山崎修学支援金HP(外部サイトへリンク)
学校経由 5月31日

日本教育公務員弘済会「高等学校等給付奨学生」【給付】

【対象】

1推薦資格

本年度、神奈川県内の公立高等学校に在籍する生徒。

2推薦条件

人物、学業とも良好で、かつ学費の支弁が困難と認められ、在籍学校長の推薦を受けた生徒。

※他の奨学金との併願、併給も可とする。

【給付金額】

奨学生一人に対し6万円を給付。

※同一人についての申請は在学中1度限りとする。

募集要項(PDF:68KB)

公益財団法人 日本教育公務員弘済会 神奈川支部 教育振興事業HP(外部サイトへリンク)
学校経由 6月1日

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。