橋本高等学校 > 学校生活 > 校外行事・ボランティアなど

更新日:2022年12月3日

ここから本文です。

校外活動やボランティア活動などの様子

 市民活動フェスタ2022 に出展しました。

 11月13日(日)、横山公園でねんりんピック神奈川2022が開催されました。その中で同時開催された市民活動フェスタ2022に橋本高校が体験ブースを出展しました。

 9月から社会福祉協議会、緑ボランティアセンターを通じて地域の折り紙講師の方に、点字の広報誌を用いた箱作りを教えて戴きました。相模原市社会福祉協議会とボランティアセンターに声をかけて戴き、出店させて戴きました。今後は、もっと広くこの活動を広げていきたいです。

ねんりんピック2022

 

福祉委員会 折り紙教室

 9月2日(金)に市内在住の折り紙の講師の方をお招きして、点字広報誌による箱作り教室を行いました。この点字広報誌は、社会福祉協議会から譲って戴きました。ボランティアセンターからアイデアのご協力で、実施することができました。 

 4枚の紙を組合せて、素敵な箱が出来上がり、日頃折紙をすることのない生徒達も集中して折っていました。

 この箱は、文化祭の販売でお菓子を入れる入れ物となりました。

origami1

origami2

origami3

origami4

 

 

 

 橋本七夕祭り

 8月2日(火)に本校生徒が橋本七夕祭りに参加しました。今回は規模を縮小して杜のホールでステージ部門のみの開催となりました。地域のみなさんと交流する良い機会となりました。

 

  大会運営のスタッフとしてボランティア(受付・誘導)を行いました。

  七夕1

  吹奏楽部の素晴らしい演奏にも感動しました。

  七夕2

  ダンス部の迫力ある演技に、場内は盛り上がりました

  七夕3

  七夕4

 福祉委員会施設訪問体験

 7月26日(火)に福祉施設「未来わかまつ」に体験に行ってきました。「未来わかまつ」では、障害のある利用者さんが作成したものを販売しています。本校生徒がコースターと鍋敷き作りに挑戦しました。作成した後には、利用者さんと話す機会もあり、障害のあるなしにかかわらず、社会でともに生きる「共生」について学ぶ機会となりました。

 

<参加した生徒の感想> 

「笑顔になる人が1人でも増えるように、世の中を良い方向へ帰ることが福祉だと思いました。」

 

  靴下を作る工程で不要となった部分を使い、手で編んでいきます。 

  福祉委員1

  左は鍋敷き、右はコースターを作っています。

  福祉委員2

  出来上がった作品です。

  福祉委員3

  利用者さんの体験も聞くことができました。

  福祉委員4