更新日:2022年7月19日

ここから本文です。

教育相談(在校生・保護者の方へ)

 

子どもの発達や育て方に関する不安、学校や家庭生活で気になることや困っていることなどについて、一緒に考えていきます。

相談は、学校が休みの日を除く平日の午前9時から午後4時半まで受け付けます。ご利用のご希望や相談内容等により、「電話による相談」または「来校相談」で、お受けします。


保護者の方またはご本人からも相談を承ります。直接でも連絡帳を通してでも構いません。いつでもお気軽にお声かけください。

教育相談専用ダイヤル (045)300-5615(直通)

 

タイトル相談の流れ

相談のながれ

 

 

 

 連絡依頼イラスト

<教育相談週間>

本校では、人に自分の気持ちを伝えることを大事にしていきます。
1年生全員に、他者との関係を構築する中で自分の思いを表現できる場面を設定し、相談の充実を図っています。
2、3年生は希望者に面談の時間を設け、日ごろの悩みや伝えたいことなどを表現できるようにしています。

<専門職の紹介>

県立の特別支援学校には、心理職(臨床心理士)・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の専門職が自立活動教諭として配置され、チームの一員として相談業務をおこなっています。
本校には、心理職(臨床心理士)が配置されており、近隣校にいる他の専門職と連携して、より良い支援策を教員とともに考えることに役立てています。

<食育・保健・教育相談研修会>

養護教諭や栄養教諭と協力し、「心・身体・食」の視点で毎年1回研修会を行い、「思春期について」などの情報を発信しています。